DemoCreatorProPCを操作を録画しeラーニング教材を作成しよう!


 

出力可能な動画形式
DemoCreatorProでは、AVI形式だけでなく、以下のような形式で動画の出力が可能です。

 


上級ビデオ

  • エンコード: エンコード形式を指定できます。iPhoneでの利用の場合、H.264形式を推奨しています。
  • フレームレート: 1秒あたりのフレーム数で、多いほど動画がなめらかになります。(通常はそのままで良いでしょう)
  • 音量エンコード: オーディオのエンコード形式です。大抵は、選択された動画形式によって自動選択されます。
  • サンプル: オーディオのサンプリングレートです。
  • クオリティ: 動画のクオリティです。

注意:
動画で書き出す際は、デモの時間を30分以内にしてください。また、Flash形式に比べ、画質、フレームレート(滑らかさ)の劣化が大きい場合がございますが、仕様ですので、ご了承下さい。
長時間の動画を書き出す場合、マシンスペック等によってはPCが固まることがありますので作業前に保存をお願いします。
オーディオのサンプリングレートは、基本的には(生音からの変換の場合)周波数が高いほうが綺麗ですが、既に加工済のファイルを挿入している場合、加工済の音声のサンプリングレートと同じでないと、音声が歪む場合があります。参考までに、CDのサンプリングレートは、44.1KHzです。
iPhone用の動画を書き出す場合、MP4形式を利用して下さい。再生が上手くいかない場合、エンコードと画面の解像度を確認下さい。(h.264形式、480×320以下推奨)
Android向けの場合は、MP4形式で有ることに加えて、ヘッダ情報の書き換えが必要です。

参考:
iPhone、iPad、Andloidに対応した動画を作ろう!
http://blog.elearning.co.jp/archives/6180.php